中国から世界の大学へ// 高校生グローバルエリートプログラム

中国(上海)を拠点に日本教育機関の
国際教育をサポート
エデュイック(上海)

総合窓口
(86)21-5211-0170
info@eduic-sh.com


日本の大学はもちろん世界中の大学へ出願が可能

 本プログラム留学先はいずれも国公立高校です。よって卒業時には正式な高等学校卒業証明が発行されますので、中国、日本はもちろん世界中の大学への出願に必要な資格を得ることができます。

日本の大学へ進学

A.jpg 日本の大学へは「帰国生大学入試」制度で受験します。多数の大学がこの帰国生大学入試制度を導入しています。選抜方式は①高校の成績②英語資格(TOEFL等)③小論文(日本語)が一般的です。

日本からの留学生は「漢字国」というアドバンテージがありますので、他国(アメリカ、韓国など)からの生徒に比べ、非常に早く学習言語としての中国語を習得しますので、自ずと学習(授業、予習。復習)に対しても高い理解力を持って取り組めるため好成績を修めるお子さまが多くいらっしゃいます。これに加えTOEFLの対策をしっかりと行うことで主要大学に合格することが十分可能です。

中国の大学へ進学

IMG_4918.jpg 中国の大学へは留学生試験に合格して入学することになります。どの大学も数多くの学部で留学生を受け入れていますので、自身の希望に合った学部を持つ大学に入学が可能です。
 各大学ともにグローバル化を進めております。一例を挙げますと、1年間のアメリカ留学を義務付け、世界に通用する英語力を身につける学部があります。このように近年の中国内の大学は「中国の大学を卒業⇒中国の企業」ではなく、世界で通用する人材育成に力を入れています。
 「SP高校留学」受入高校を順調に卒業すれば、上海のTOP大学への入学に必要な学力&語学力を十分に身につけることができます。

欧米&世界の大学へ進学

MP900442594.JPG 近年の中国は英語教育のレベルが非常に高いことで注目されています。高校生のTOEFL受験者は日本に比べ圧倒的に多く、受験が半年待ちになっているほどの状況です。

留学先の高校(国際部)では、こうした意識&質の高い英語教育を受けることができ、さらには欧米からの留学生と日頃から英語でコミュニケーションを取ることができるので、英語力の飛躍的な向上が期待できます。
 また、海外の大学が中国(上海)で説明会&相談会を頻繁に行っていますので、海外大学情報も充実しています。
 日本からの留学生のうち、高校卒業後に海外大学へ進学された方もいらっしゃいます。

当センターの大学進学サポート体制

MP900439388.JPG当センターでは、日本、中国、欧米の大学と継続的な情報交換を行っており、これまで数多くの高校生に対して進路カウンセリングを行ってまいりました。学校で進路指導を受けながら、当センターの持つ情報も合わせますと、より最適な進路選択&入学までのプランニングが可能になります。